2017年03月19日

お洒落は足元から!

皆さんこんにちは! 指導員の平井です。
日中はかなり暖かくなってきましたが、朝晩はまだまだ寒いですね
気を抜かない様に体調管理をして下さいね

お洒落は足元からといわれる様に、お洒落をしていても足元の靴が汚れていたりすると折角のファッションも台無しですよね
という事で今回は車の足元「タイヤ」のお話です

IMG_2162.JPG

皆さんも洋服とか靴を買うときは当然自分のサイズに合ったものを買いますよね?
勿論タイヤにもサイズが有ります

IMG_2154.JPG

タイヤのサイド部分に表示されています

IMG_2159.JPG

教習車のタイヤは205 / 60R16 92Vと記入されています。
これがタイヤのサイズです。
ではこの表示、どの様な見方をすれば良いのでしょうか? 一般的には
205 断面幅の呼称(mm)  
60 偏平率(%)(断面高さ÷断面幅×100)
R ラジアル構造
16 リム径の呼称(インチ)
92 ロードインデックス(LI)
V 速度記号を表しているので、下記と照らし合わせて見て下さい。

IMG_2231.JPG

ロードインデックスとは規定の条件下で、タイヤに負荷することが許される最大の質量を示す指数です。(92の最大負荷能力kg 630kg)
速度記号とはタイヤがそのロードインデックスにより示された質量を規定の条件で負荷された状態において走行可能な最高速度を記号によって表したもの。(Vの走行可最高速度 240km/h)

サイズが解れば次は点検です
皆さんも御存じでしょうが、タイヤは車のパーツの中で唯一我々と路面との接点です。1本のタイヤの路面との接点は約葉書1枚分です、つまり私たちの命は葉書4枚分で支えられている訳ですねよってタイヤの点検はとても大切です。 点検項目としては、
1、空気圧
 適性空気圧は車によって異なります。空気圧不測のまま走行すると、燃費の悪化
 走行性能の低下・偏摩耗しやすくなります。

IMG_2221.JPG

IMG_2222.JPG

では、何処に表記されているのでしょう?

IMG_2167.JPG

IMG_2165.JPG

教習車の場合運転席のドアを開けた車体のフレームに表記されていますが、車によってはドア側に表記されています。
教習車は前輪・後輪共に250kpaの空気圧です。
尚最近は空気ではなく、チッ素ガスを入れている車も多いようですね
チッ素ガスのメリットはアスファルトの継ぎ目の段差越え等の乗り心地がマイルドに感じますし、空気に比べて抜けにくいのでお勧めです

2、ミゾは十分にあるか? 釘等ささってないか?
 すり減ったタイヤで走行すると、濡れた路面でブレーキが効きにくい。
 雨の高速走行は特に危険! スリップサインをチェックしよう。
 残りミゾが1.6mmになるとスリップサインが出ます。

3、偏摩耗していないか?
 タイヤを長持ちさせる為に定期的に(5,000km走行を目安)にローテーションしよう。
 ローテーションのメリット 偏摩耗の防止、タイヤ寿命の伸長、タイヤ疲労度の均一化等

IMG_2228.JPG

4、タイヤのサイド部分にひび割れキズ等が無いか?

5、タイヤのサイド部に凹凸が無いか?

以上タイヤの点検をしっかりとして安全運転して下さい。

タイヤの特性は偏平率によって変わります。一般的に偏平率が低くなるほど運動性能は良くなり、高くなるほど快適性能が良くなります。

IMG_2216.JPG

タイヤの外径を変えずにリム径の大きなタイヤへの変更をインチアップと言われます。

IMG_2217.JPG

インチアップしたタイヤです。

IMG_2173.JPG


IMG_2174.JPG

ホイールが大きく見えて綺麗ですね


IMG_2208.JPG


IMG_2210.JPG

かなりタイヤが薄いです

皆さんも足元のお洒落をして、春になったらドライブに出掛けませんか


ハッピードライビングスクールHP
http://www.happy-ds.co.jp/












  





posted by ハッピー at 13:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 平井指導員 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック